世界で一番大きな砂の島。フレーザー島。  



ブリスベンから少し北上したところに1つの島があります。そこが世界遺産にも登録されている”世界で一番大きな砂の島”であるフレーザー島。ここは本当に壮大なスケールな場所でした。

ぼくは1泊2日のツアーでこの島を訪れたのですが、島内の移動は4WDのバス。これがまたすごいんです。なんて言ったって、島のなかほとんどの道が砂のままだから、地形によって右に左に、上に下にガンガン揺られながら進んでいきます。そんななかで訪れるスポットがまずはマッケンジー湖。この湖の透明度は半端なものでないです。浅瀬の水色と深い部分の紺色のコントラストも本当に素晴らしくて、泳いでも気持ちいいですが見ているだけでも圧倒されてしまうほどです。湖なので風がない時間は波もなく、本当に穏やかな時間を過ごせます。

次に250マイルビーチと難破船マヒノ号。先ほどの4WDバスで突き進んでいくと突然、海岸に出ました。そこで見たのは、終わりが見えない果てしなく続くビーチ。そこを波うち際ギリギリのところをバスで駆け抜けていきました。それはそれは貴重な体験で、面白かったのを覚えています。車でビーチを駆け抜けるってなんだか想像もつかないですよね。そして数十分経った頃に大きな船が見えてきます。それが難破船マヒノ号。年月を経た歴史と壮大なスケールにただ圧倒されるばかりでした。そして僕たちはここでディンゴ(この島に住む肉食犬)にも出会うことができました。このビーチにくるだけでも価値の場所だなと思いました。

  他にも、シャンパンプールと呼ばれる岩場にできた綺麗な水の溜まるプールのような場所、レインフォレストやそこに流れる川。イーライクリークと呼ばれる川も本当に透明度の高い川で泳ぐのがもったいないくらいに感じました。数えればきりがないほど、見る価値のある場所がぎゅっと凝縮された場所。世界一の砂の島、皆さんも体験してみてください。




TOP